NPO法人ブライツは、「たすけあえるまちづくり」を理念としています。
行政、企業、病院を住民とつなぐ架け橋となる活動をしています。

ブライツ14年の歩み

NPO法人ブライツは、2018年6月に15年目を迎えます。
14年間の活動を支えてくださった皆さまへ感謝を込めて、動画を作成いたしました。

私たちにできる5つの心がけ

1.かかりつけ医を持とう

小さな心配、日常の健康を守るために、気軽に相談できるかかりつけ医(診療所)やかかりつけ薬局を持ちましょう。

2.コンビニ受診を控えよう

救急外来は緊急な患者さんのために開かれた窓口です。
休日や夜間の時間で緊急以外の受診は控えましょう。
※決して「無理して我慢する」ということではありません。病状に応じて病院と診療所(かかりつけ医)を使い分けましょう。

3.救急車をタクシー代わりに使うのをやめよう

救急車は緊急な患者さんを運ぶための動く病院です。
ルールやマナーを考えて利用しましょう。

4.医療関係者の方々に感謝の気持ちを持とう

お医者さん、看護師さん、技師さん、薬剤師さんなど、医療の場に携わる方々は、みんな一生懸命です。
感謝の気持ちを持ちましょう。

5.たすけあいネットワークを広げよう

ご近所同士、お友達同士、「ちょっと病院まで行きたいんだけど」とか「ちょっと熱が…」という時にたすけあえる輪を広げましょう。

ウェブサイトリニューアル中

ただいま、ウェブサイトのリニューアル作業中です。一部閲覧できないページ等があります。
ご不便をおかけいたしますがご容赦ください。